メニュー 閉じる

お知らせ

SELF Transformation Lab #000 開催!

SELFの第1回イベント Transformation Lab #001 がスタートします。

今回は、SELFのご紹介ということで今回は参加無料です。
ぜひ、第1回目からご参加ください!
1.日時:2021年1月21日木曜日 19:00~21:00
2.会場:オンラインミーティング Zoom
3.料金: 無料
4.参加形式:公開 · Facebook利用者以外を含むすべての人
5.内容:
2020年11月に法人化した薩摩リーダーシップフォーラムSELF
Transformation Lab 第0回は、代表理事3人が今後の展望やSELFにかける思いなどを語ります。
来月から始まる会員向けのオンライン講座(非会員は有料)の第0回。
会員の皆さん〜SELFって何?という方まで。どなたでもご視聴ください(無料です)。

*詳しくは、公式Facebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/SELF.kagoshima

■SELFとは?
はじめにあったのは、「もしも150年前の彼らが今の時代に生きているとしたら、どんな国づくりをはじめるだろう?」という問い。明治維新150年を迎える直前であった2017年の春、大河ドラマへ向けて沸き立つ鹿児島の中で、過去を懐古するだけに留まらず「次の150年を見据えた動きをここ薩摩の地からつくりはじめよう」と、当時30〜40代の有志数名によってSELFは立ち上がりました。
経済発展と技術革新の先に生み出された、VUCAと言われる複雑で先の見えない時代。新型コロナウイルス感染症や気候変動を代表する地球レベルの課題と、地域社会の課題とが同時に絡み合う時代。そんな誰も「答え」を持たず、世界全体がトランスフォームを求められている時代にあり、いま求められているのは垣根を超えて全体が有機的につながり合い、過去からの延長線上ではない未来を共に創り出すための基盤なのではないかと考えました。
約2年にわたる準備期間を経て、2019年4月末にキックオフ合宿を実施。同年6月には県内約100名の意志あるリーダーを招待する形で「鹿児島SDGsスタートアップフォーラム」を開催。県内各企業においてSDGsワークショップを多数開催しながら、鹿児島県におけるSDGs推進の機運づくりに奔走してきました。
2020年春には第2回となる合宿を実施。SDGsに対する意識の広がりと、コロナによっていよいよ時代の転換点であることが浮き彫りになりはじめたタイミングでの開催だったことから、議論は自ずと深まり、たくさんのアクションが生まれました。そこから法人化に向けた動きがはじまり、すでに複数の自治体や県内外の企業、学校などと具体的な構想が動き始めています。
・代表理事
野崎恭平/須部貴之/古川理沙
・理事
大岩根尚/勝眞一郎/門田晶子/川畠康文/小平勘太/齊藤智彦/下園正博/髙橋空雅/保直延/福島大輔
・監事
坂口修一郎/山内倫裕
・アドバイザー
鈴木宏和